マメニッキ

平凡な日常のアレコレ

フェンネルとミントの歯磨き粉

                        f:id:moipavut:20170530213808j:plain

いつも歯磨き粉はアロナールという、元はスイス(なのかな?)やドイツでも広く使われている、あのブルーのチューブのを愛用してたのに、数年前突然日本で販売中止になってしまった。薬事法の関係なのかなんなのか、困るよ!困る!と騒いでも事態は変わらず。結局、アロナールが買えるヨーロッパの国に行った時に買いだめして、チビチビ使ったり、ドラッグストアで他の良さそうなものを買ってみて、新たなお気に入りを探したり。

数ヶ月前にヨーロッパへ行った時は、ドイツでの乗り継ぎ空港内にあったスーパーでアロナールを買い占め!!とは言っても4チューブくらいだけど(十分だって?)しばらくこれで持つかな?

 

上の写真の右端にあるのが、イギリスにある大好きなスーパー waitroseで見かけた、良いパッケージの歯磨き粉 Taylor's 32 。箱に入ってて、その箱がまたいいデザイン。旅先でかさばるので中身だけ持ち帰ってきた。サイトを見ると他のフレーバーも良さそう。次回イギリスへ行く時は他のも買ってみたいな。


そしてチューブつながりで一緒に並べたPen & Inkの石鹸とチューブ入りのシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュは、ロンドンで泊まったホテルThe Hoxtonのアメニティ。調べてみたら、よそでは買えないオリジナルらしい。パッケージデザインも素晴らしいけれど、香りもまた素晴らしい。使うのがもったいない!

ボロネーゼ

この間突然ミートソースが食べたくなった。で、作ったのだが・・・・これが自画自賛してしまうくらい、うまかった!いつもと違う作り方がしたくて、ネットで検索したら良さそうなレシピ発見。でもいつも作っているのと材料もほぼ一緒だし、作り方も大して違うわけではないのだけれど、出来上がったソレは自分でもうなるほどうまかった。

みじん切りにしたセロリとニンジン、玉ねぎをじっくりストウブで炒めて、別のフライパンでじっくり焼いた(炒めるのではなく)合挽き肉をストウブに入れ、赤ワインを入れ少し煮る。その後水とブイヨンとハーブを入れ煮込み、そのあとにトマトの水煮缶を入れ更に煮込む・・・というもの。何がよかったのか、自分でもわからないけど、赤ワインを入れることと、最初の玉ねぎなどの野菜をじっくり炒めること、合挽き肉を使うこと、というのが大事な気がする。とは言っても、レシピは参考程度に適当に作っただけなんで、また次回同じようにできるかは分からない私のクッキング

                       f:id:moipavut:20170530214109j:plain

たっぷりパクチーをのせて食べた。

最近の朝ごはん

最近よく食べる朝ごはん。トーストにピーナツバターを塗って、スライスしたバナナを乗せたもの。

このピーナツバターはイギリスで買ってきた pip and nut のもの。これはピーナツだけど、他にもカシューナッツやアーモンド、ココナツを使ったものもあって、どれも添加物なし、無糖。日本だと砂糖の入ってないピーナツバターはそんなに選択肢がないので、こういうのはさすがイギリスだなあと思う。パッケージもいいしね!ガラス容器じゃないので、気軽に持って帰れるのもすごくいい。

このパン、すごく不恰好だけど、ホームベーカリーで自分で焼いたもの。基本はライ麦、強力粉、フォルサワー、イースト等を入れて焼くんだけど、必ずナッツも入れるようにしてる。最近入れてるのは、これまたイギリスで買ってきたやつで、ひまわりの種とゴマとリンシードがミックスされたやつ。焼くと香ばしくてお気に入り。

パンのレシピは、富澤商店でフォルサワーを買うとパッケージに参考レシピが書いてあって、それを適当に分量を変えたもの。市販のパンもおいしいものをたくさんあるし、いろいろ食べてみたいけど買うとキリがない・・・あと最近市販のパンの塩分が気になるのでね、たまに食べるようにしてる。

                    f:id:moipavut:20170530214200j:plain

ホームベーカリーで焼いた自家製パン、これからの時期は冷蔵庫入れないとあっという間にカビちゃうの。冬場は大丈夫なんだけど。最初はびっくりしたけど、これが添加物入ってないものは普通なんだよね。当たり前のことに今更感心。

モカポット

紅茶も好きだけれど何よりコーヒー好きな私は、朝は絶対コーヒー。ここ数年ずっと豆を家で挽いて、ペーパーで入れて飲んでいたのだけれど、先日ふと、たまには別な入れ方で飲んでみようと思った。で、買ったのがモカポット。

昔、ビアレッティの普通のモカポット・・ あのよくみるアルミのやつを持っていて、すごく気に入って使っていたのだけれど、ある日焦がしてダメにしてしまった。大事に使えば一生モノだと言われていたけど、焦がしたら一瞬でダメになる。本当にダメなのは、焦がした私!

今回も同じものを買おうと思ったけれど、他にもいろんな種類があって調べていくうちにKittyというのを発見。見た目にも好みだし。そして素材がステンレス。で、購入。

Bialetti(ビアレッティ) Elegance Kitty キティ 2カップ用

Bialetti(ビアレッティ) Elegance Kitty キティ 2カップ用

 

久々に手にしたモカポット、やはり良い。火にかけて、コポコポと音が鳴り、台所にコーヒーの香りが立ち込める瞬間がいい。買ってよかったな。

外国の文化がほとんど入らない田舎で育った私が、このモカポットを初めて実際使っている人をみたのが、イギリスだった。イタリアからの留学生の子が、ビアレッティのモカポットの1カップ用?なのか、すごーく小さいやつを使って食後にコーヒーを入れて飲んでいた。聞くと、おばあさんからもらった年代物のモカポットだそう。でも全然古いものに見えなかった。興味を示した私にも買うよう勧め、使う上での注意点をいくつか教えてくれた。そのひとつが、「洗剤で洗わないこと」。今ももちろんその教えは守っている。

ビアレッティ以外にもいろんなメーカーから出ているけれど、それぞれに良さがある。サイズも様々で、大は小を兼ねるわけではなく、作るコーヒーの量に合ったモカポットが必要なので、サイズ違いで買って気づいたらいくつも所有している・・・ということも。かくいう私も、3つ持っている。これからも増えるかも?

 

                         f:id:moipavut:20170530215240j:plain

これはロンドンの大好きなコーヒー屋さんの豆。おいしいのはもちろん、このお店のスタッフの方たちもフレンドリーで大好き。また行きたいな〜

 

産直巡り

産直が大好きだけれど、住んでいるところの近くにはないので、友達と車で郊外に行った時や、実家に帰る時には産直へ立ち寄ることが多い。今回も連休が終わりに近づき、持ち帰る野菜などを買いに少し離れたお気に入りの産直へ。

 ここは野菜だけではなく、おいしい天然酵母のパンも扱っている。今回もナッツやドライフルーツの入ったパンをいくつか購入。この間NHKの「パン旅」を見て以来、もうパンが食べたくって。あの番組でやってた、鎌倉のドイツパン屋さんのプンパニッケルにクリームチーズと蜂蜜だったかなぁ、おいしそうだった。プンパニッケルはさすがに買えないけど、何か似たものが買えないかな、という思いを持ちつつ、別の産直で秋田の蜂蜜も買ってしまった。

 たくさんの野菜とパン抱えて帰るのが楽しみ。そして帰る途中でワインも買うんだ。

                           f:id:moipavut:20170530215333j:plain

とある産直でパクチーの苗発見!お値段も手ごろで思わず買ってしまった。去年は種から栽培したけど、虫が大量発生して断念したんだった…これにも虫がつくかな…つくだろうな