マメニッキ

平凡な日常のアレコレ

ブルーベリー賛歌

                    f:id:moipavut:20170708221056j:plain

 

果物は全般になんでも大好きだけれど、特に好きなのはリンゴと桃とスモモ系のものかもしれない。そんな私だけれど、大量のブルーベリーが店頭に並んでいる様を見ると、自制が効かなくなってしまう。一番好き!!!というわけではないのに、なぜこんなに惹かれてしまうのか?

 

私が好きな盛岡に7月頃行くと、あちらこちらの店、産直でブルーベリーが売られていて、しかもどれもこれもありえないくらい安くて、自分が持って帰れるかどうか考えもせずにとりあえずたくさん買い込んでしまう。もちろん食べきれないので、少しフレッシュで食べる分をタッパーに入れ、残りはジプロックに入れて冷凍するのだけれど。生と冷凍では味というより食感がまるで違う。ブルーべリーの果肉自体はたいして風味もないと思うのは気のせいだろうか・・・かえってブルーベリーのうまみは皮にあるような気がする

 

というわけでブルーベリーを見るだけで反射的に手を出してしまう私は、こんなブルーベリーがたっぷり乗ったタルトを買ってしまった わはは